運営事務所:行政書士プロフェッショナルエージェント

在留資格変更申請とは

|

ある在留資格から別の在留資格へ変更する申請を在留資格変更許可申請といいます。

「投資・経営」の在留資格で日本に入国している外国人が日本人と結婚したため「日本人の配偶者等」の在留資格に変更する場合や、「留学」の在留資格で日本に入国している外国人が、日本で就職するために「人文知識・国際業務」の在留資格に変更する場合がこれにあたります。

本来であれば、在留資格が変わるということは日本に入国できた前提が変わったわけですから、その外国人もいったん出国し、あらためて査証を取り直してから日本に入国するというのが理屈です。

けれどもすでに日本に入国している外国人がいったん出国し、あらためて査証を取得するというのは大変手間です。時間もお金もかかります。

そこで出国しなくても在留資格の変更ができる制度が必要とされました。
それが在留資格変更許可申請です。

Topへ