運営事務所:行政書士プロフェッショナルエージェント

在留資格認定証明書交付申請とは

|

在留資格認定証明書交付申請とは
外国人が日本に入国するために必要となる申請のことです。

そもそも外国人が日本に入国する場合、あるいは海外にいる外国人を
日本に呼び寄せる場合には査証が必要です。

査証を取得するためには2つの方法があります。

ひとつは査証事前審査という制度です。
これは外国人本人に、海外にある在外公館で査証発給に必要な書類を
提出してもらうというものです。

ただこの方法だと、在外公館が受け取った書類は順次、
在外公館⇒外務省⇒法務省⇒入国管理局へと送付され、
入国管理局が内容を審査したあと、
今度は逆に入国管理局⇒法務省⇒外務省⇒在外公館の順に
送付し直されるため、
査証取得には3か月から6か月の時間がかかるといわれています。

そこで査証取得のもうひとつの方法として登場したのが
在留資格認定証明書交付申請制度です。

これはあらかじめ日本国内にいる外国人の代理人・就職先企業などが、
必要書類を入国管理局に提出し、入国管理局から在留資格認定証明書を
取得したあと、これを海外にいる外国人に送付し、
外国人はパスポートなどと一緒にこの在留資格認定証明書を
在外公館に提出することによって査証を取得するというものです。

この制度は査証事前審査制度とくらべ、官庁間で何度も
書類のやりとりがあるわけではないので、査証取得までの期間が
短縮できます。

必要書類を提出してから在留資格認定証明書を受けるまでは、
事情にもよりますが、通常は1か月から2か月といわれています。

Topへ