運営事務所:行政書士プロフェッショナルエージェント

短期滞在

|

『短期滞在』とは日本に短期間滞在する外国人に認められる在留資格です。

具体的には日本へ観光、保養、親族訪問、短期の商用、各種会合への参加などの場合に認められますが、就労することはできません。

在留期間は90日、30日又は15日です。

『短期滞在』の在留資格が認められるためには、一定の書類が必要となりますが、書類の提出先は他の在留資格と異なり、在外公館となります。

在留資格
短期滞在
具体例
観光、保養、親族訪問、短期の商用など
在留期間
90日、30日又は15日
就労
就労は認められていません
必要書類
 一 本邦から出国するための航空機等の切符又は
   これに代わる運送業者の発行する保証書

 二 本邦以外の国に入国することができる
   当該外国人の有効な旅券

 三 在留中の一切の経費の支弁能力を
   明らかにする資料

Topへ