運営事務所:行政書士プロフェッショナルエージェント

結婚ビザと就労ビザはどちらか有利か?

|

みなさま、こんにちは。

申請取次行政書士の高橋浩二です。

今回は、「結婚ビザと就労ビザはどちらが有利か?」というテーマで書いてみたいと思います。

結婚ビザのほうが有利ですね

たとえば、ここに就労ビザを取得し、日本で働いている外国人がいるとします。
この外国人が日本人と結婚した場合、結婚ビザに変更してもよいし、就労ビザのままでもよいです。

それでは、この外国人は就労ビザのままのほうが良いのでしょうか? それとも結婚ビザに変更したほうがいいのでしょうか?

結論から言うと、結婚ビザに変更したほうが有利です。

では、なぜ結婚ビザのほうが有利なのでしょうか?
結婚ビザの有利な点は、主に次の2つです。

1.様々な仕事に就くことができる

就労ビザの場合は、ビザで決められている範囲内の仕事しかできません。
(範囲外の仕事をする場合は、事前に資格外活動の許可を取る必要があります。)

これに対して結婚ビザの人は、仕事内容に制限はありません。
どのような仕事に就いてもかまいません。

仕事の選択肢が増える点で、結婚ビザの方が有利です。

2.永住ビザを取るまでの期間が短い

結婚ビザと就労ビザの最大の違いは、永住ビザを取るまでの期間が異なる点です。

就労ビザを持っている人は、基本的に10年間日本に滞在しなければ永住ビザを取得することはできません。

これに対して結婚ビザの人は、3年間結婚生活が続いていれば永住ビザを取ることができます。

結婚ビザよりも就労ビザのほうが有利な点はあるか?

ここまで、就労ビザよりも結婚ビザのほうが有利な点を挙げました。
では逆に、結婚ビザよりも就労ビザのほうが有利な点はあるのでしょうか?

いろいろ考えたのですが、私は無いと思います。

もちろん、状況によっては就労ビザを取ったほうがいい場合もありますよ。
けれども、少なくとも一般論としては、結婚ビザよりも就労ビザを積極的にお勧めする理由は何一つありません。

ですから、もし結婚ビザと就労ビザのどちらにしようか悩まれているのであれば、とりあえず結婚ビザを取っておき、万一の場合に備えて、いつでも就労ビザ変更できるようにしておくのがよいと思います。

Topへ