運営事務所:行政書士プロフェッショナルエージェント

結婚ビザを取得したい

|

誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、外国人が日本人と結婚したからといって、ただちに日本滞在が認められるわけではありません。

外国人が日本に入国・滞在するためには結婚後、別途、在留資格「日本人の配偶者等」を取得する必要があります。

結婚ビザの問題点

結婚ビザの問題は、偽装結婚が後を絶たないということです。もちろん違法行為です。

なぜ、偽装結婚が後を絶たないかというと、「日本人の配偶者等」は日本人と結婚すれば取得できる可能性が一気に高まるためなんですね。
(もちろん日本人との結婚していること以外にも条件はありますが、一番重要な条件が日本人と結婚していることであることは間違いありません。)

しかも「日本人の配偶者等」の在留資格は、他の在留資格と比べても断然、就労に有利です。
そのため、就労目的で偽装結婚をする外国人がいるわけです。

このような状況は当然入国管理局も把握しており、在留資格審査にあたっては、偽装結婚でないかどうかも審査されます。

ですから正当な国際結婚をされている方は、手間なのはわかりますが、無用な疑いをかけられないよう結婚に至るまでの状況を写真等で記録に残しておくことをお勧めします。

Topへ