運営事務所:行政書士プロフェッショナルエージェント

結婚ビザ申請のポイント

|

結婚ビザを申請するときのポイントは?

結婚ビザを申請するにあたってのポイントを記載します。
ここで結婚ビザと呼んでいるのは、正式には在留資格「日本人の配偶者等」のことです。では「日本人の配偶者等」を申請するときのポイントは何でしょうか?

(在留資格申請の基本的なポイントについては在留資格申請の基本ポイントをご覧ください。)

「日本人の配偶者等」とは何か?

「日本人の配偶者等」とは、日本人と結婚した外国人や日本人の外国籍の実子などに認められる在留資格です。

日本人と結婚した外国人に認められることから、通称「結婚ビザ」とも呼ばれます。

「日本人の配偶者等」の特徴・問題点

「日本人の配偶者等」の在留資格を取るには、日本人と結婚すれば取ることはできます。それ以外の条件はほとんどありません。
しかも「日本人の配偶者等」の在留資格を取れば、日本国内で自由・どのような活動できます。就労してもかまいません(その他の在留資格では、就労時間が決められていたり、就労自体が禁止されていたりするものが多いです)。

このように「日本人の配偶者等」は資格自体が取りやすく、しかも日本国内で自由に活動ができる特徴があります。そのため常に偽装結婚の疑いがかけられやすくなっています。

そこで「日本人の配偶者等」を申請するにあたっては、入国管理局に対して「自分たちの結婚は正当なものだ。」ということを立証しなければなりません。

結婚の正当性をどうやって立証するか?

では、どのように自分たちの結婚の正当性を立証すればよいのでしょうか?

偽装結婚の場合は、交際の事実がないため、交際の事実を証明することはできません。

これに対して正当な結婚の場合は、交際を経て結婚するという流れがあるので、交際から結婚に至る経緯をきちんと説明できるようにし、証拠を残しておけばいいわけです。

証拠になるものとしてはスナップ写真、通話記録、メール・手紙のやり取り、パスポートなどがあります。

とくにスナップ写真は証拠として重要です。きちんと残しておきましょう
(できれば写真に日付を入れておきましょう。また夫婦2人で写っている写真だけでなく、親族・友人・撮影時期・撮影場所等が分かるような写真を複数用意するとよいです)。

以上のような証拠を残しておけば、正当な結婚であるという証明としては十分でしょう。

Topへ